日本の伝統衣装はっぴの由来と現在

はっぴとは、日本の古くからの伝統衣装の一つで、羽織形式の単純な形をしているのが特徴です。

もともとは、武士が家紋を大きく染め抜いた羽織を着たことに由来しています。

昨今では主にお祭りの際に着る衣装として用いられています。

このほかにも、職人や地域の消防団員が作業着として誂えたり、イベントなどの際にスタッフが目立つようにと着用することがあります。

残念ながら現在では、取り扱いのある実店舗はほとんど無くなってしまっているのが現状です。

しかし、インターネットを使って簡単に注文し、作成することができます。

色やデザインなども豊富に用意されていますので、オリジナリティ溢れる一着を創作できます。

価格もまとめて注文するなどするとお得な場合がありますので、グループなどでの注文がお勧めです。