自分のイメージに合った植物の育て方

植物の種類によって育て方は様々ですが、基本的には大きめのプランターや鉢に、粒子の細かい赤玉土を使うのが基本となります。

それに、栄養価の高い腐葉土を混ぜたり、吸水性の高いバーミキュライトを敷いたりして、より良い状態の土台を作ります。

寒さに弱い植物や見かけのいいものに仕上げる為、ピートモスでふんわりと見た目も良く、保温性を高めてあげる事もします。

室内の観葉植物の場合は、あまり大きくなると困る場合もありますので、その時は鉢のサイズを替えない事で、大きく育たないように制限するやり方もあります。

ただ、基本的には大きく、沢山の花を咲かせたり、元気な葉をつけさせたいので、根が十分に張れるように、余分な葉を落としたりしながら、日光を十分に行き届かせ、窮屈な状態を作らないで育てる事が大切になってきます。